― カプチーノ珈琲


カプチーノとはイタリア式ミルク珈琲です。イタリアでは温めた牛乳にエスプレッソ珈琲を加えますが、当店ではネルのドリップで特別に抽出した エキスの珈琲を加えます。仕上げに生クリーム、シナモンパウダーを振りかければ、お菓子のような珈琲として楽しめます。
ここではご家庭の珈琲を使った作り方をご紹介いたします。

■材料
マンデリン又はラヴォルフブレンド(苦味の利いた豆)、牛乳、生クリーム、グラニュー糖、シナモンパウダー

■作り方
苦味の利いた珈琲20ccに牛乳30cc(割合はお好み)くらいを鍋に入れ小型の泡立て器で泡立てながら温める。 スプーン1(お好みの量)のグラニュー糖を溶かし、適当な量の生クリーム(ウインナー珈琲ではありませんので少なめ)を浮かべ、シナモンパウダー を振る。

■おいしい生クリームの作り方
生クリームは「クリーム」と表示されたものがおいしくいただけます。生クリーム100ccにグラニュー糖10gが目安です。 香り付けにブランデーを少し加え適当な堅さにホイップする。生クリームの賞味期限は開封後せいぜい3〜4日ですからご注意を。

© 2013 Kokyogaku