Q:珈琲を何杯か飲むと胃ににもたれます。仕方ないのでしょうか。


A:よほど品質の悪い生豆を使って焙煎されたか、焙煎処理に問題があるか、鮮度が悪いと思われます。香りの悪いもの、お湯を注いで粉の膨らまないもので判断できます。
優れた珈琲は香り良く、 ほのかな甘味があり、後味も良く、更にもう一杯飲みたくなるもので、何杯飲んでも胃に持たれるようなことはありません。残念ながら、この要素を満たす珈琲は僅かです。


 © 2013 Kokyogaku