Q:どの銘柄の珈琲を淹れてもコクがありません。ミルで挽いていれているのですが・・・



A:家庭で挽く場合は挽き加減に注意しなければいけません。せっかく淹れる直前に挽けるのですから器具に合った挽き 加減でおいしく頂きましょう。

確かにちょうど良い挽き加減を見つけれるのは少し厄介かもしれません。 ペーパー・ドリップはグラニュー糖より少し荒いくらいで淹れてみてください。 それで濃い場合は粗くすればよいですし、薄い場合は細かくすればよいわけです。 少しづつ何度か調整し試していけば、きっとおいしい挽き 加減が見つかるはずです。 またお湯を入れて温めておいたカップの水滴は 珈琲を薄めますので、必ず乾いたふきんなどで拭いてください。

ミルによっても味はずいぶん変わります。家庭用は手挽きが一番です。 挽き加減も調節できますし、ハンドルを回すときの手応えで豆の良し悪しが分かる ようになります。新鮮で良く煎られた豆は軽く挽け良い香りがします。 鮮度も煎り加減も良くない豆はハンドルも重く引っかかる感じがします。 筒方の電気タイプは簡単な反面豆に熱が加わり、上下で粗さが違ってしまいますので 味は手挽きに準じます。上下に振りながら挽くと少し改善されます。

 © 2013 Kokyogaku